ヘッドアップディスプレイ 放熱効果抜群LEDヘッドライト
バイク・自転車用品
バイク用品
バイク用LEDライト
バイク用電装パーツ
自転車用品・本体
カーモニター
ヘッドレストモニター
リアモニター
オンダッシュモニター
インダッシュモニター
ミラーモニター
フリップダウンモニター
サンバイザーモニター
モニター・スマホ用取付スタンド
カーナビ
インダッシュナビ
ポータブルナビ
DVDプレーヤー
1DIN/据え置きタイプ
2DINタイプ
メディアプレーヤー
メディアプレーヤー
カーオーディオ・スピーカー
地デジチューナー
地デジチューナー本体
チューナー用アンテナ
アンテナ変換コード
バックカメラ
バックカメラ本体
バックモニター
延長ケーブル・変換コネクタ
分配器・分割器・セレクター
LED
LEDバルブ球
車用LEDヘッドライト
LEDフォグランプ
LEDルームランプ
LEDテープライト
HID
HID(コンバージョンキット)
HID(純正交換用)
HID用部品
インテリアパーツ
ステアリング
シフトノブ
車種専用ルームランプ
車種専用パーツ
セキュリティ・安全品
ドライブレコーダー
OBD2診断装置
セキュリティグッズ
24Vトラック用品
24Vバックモニターセット
オンダッシュモニター
ミラーモニター
DVDプレーヤー
カーナビ
バックカメラ
DCコンバーター、電装パーツ
LED関連品
トラック用パーツ
アダプタ・変換コネクタ
シガーアダプター
変換コネクタ
映像入力アダプタ
映像出力アダプタ
オーディオハーネス
バックカメラ用アダプタ
アンテナ変換コード
電装パーツ
車載用便利グッズ
モニター・スマホ用取付スタンド
洗車用品
簡易トイレ・防災グッズ
エクステリアパーツ
便利カーグッズ
雑貨・日用品
ポータブルDVD、液晶モニター
メディアプレーヤー
LEDライト、照明
日用品雑貨
USBグッズ
スマホ関連品
タブレットグッズ
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
平日12時までのご注文は当日出荷可能です。 12時以降、土、日、祝日のご注文は翌営業日の発送となります。

今回の取付手順はご投稿写真から!

今回の素人店長は、取付写真のご応募をいただいたお客様の中で、取付手順も一緒にご投稿いただいた方の写真を掲載しました。フリップダウンモニターは他のモニターと違って、加工や取付が大変なのでこれからご自身で取付される方にオススメです!

aurisjunさんご投稿写真

加工をせずに取り付ける方法ですが写真と説明で解説させてもらいます。
まず初めに天井の中央部にある天井を固定するクリップをはずします。そこには、2cm程の穴が開いています。そしてクリップ用の7?程の穴が開いています。この穴の所にAピラーをはずし天井の裏からケーブルを斜めに通します。斜めに通すことによりナビの裏までコードを延長する事無く配線をする事が出来ます。この7mmの穴を利用して取り付けています。
aurisjunさんの取付写真はコチラからご覧いただけます。

1.取付位置・配線

まず初めに天井の中央部にある天井を固定するクリップをはずします。そこには、2cm程の穴が開いています。そしてクリップ用の7?程の穴が開いています。この穴の所にAピラーをはずし天井の裏からケーブルを斜めに通します。斜めに通すことによりナビの裏までコードを延長する事無く配線をする事が出来ます。この7mmの穴を利用して取り付けていきます。

2.必要な物

この7?の穴に中空壁用のボルトを使います。この穴に、中空壁用のボルトを入れボルトを締めこんでいきます。ボルトの長さと天井までの隙間がぎりぎりなので締めこむ時に注意が必要です。天井に当たりそうな時は、一度ボルトを抜いて少し短くして再度締めこみます。

3.プレートの加工

天井に取り付けるプレートを写真の様に加工します。
(ケーブルをここから通すため。)

4.本体裏面の加工

本体の方もケーブルを通す為切込みを入れます。

5.プレートの取付

ボルトを抜いてプレートの取り付けに掛かります。
プレートの加工した穴にケーブルを通します。この状態で、ボルトを半分ほど締めこみますがこのボルトに付いているワッシャーが小さいので大きめのワッシャーを入れます。
(全部締めこむと残りのケーブルを引き込む事が出来ない為。)

6.ケーブルを接続

ここで本体のケーブルを天井からのケーブルと接続します。この時、引き込む際に抜けない様にテープで巻いて下さい。

7.本体の取付

巻き終わったらAピラーの所からケーブルを引っ張って余っているものを入れ込みます。あとは、本体を取り付けるのですがボルトが短いのではじめに他の穴に長いボルトなどを入れておいた方がやりやすいです。1か所ボルトが締まれば後は、簡単にいくでしょう。

8.完成

本体と天井の間に隙間ができない様にすきまテープを貼っています。本体のぐらつきもなくなります。強度も、壁に対して11kgまで大丈夫なので本体が1kg少しなので問題はないと思います。自分で、付けたいけど天井に穴を開けるのはどうしても嫌だと思っている方もいると思います。私もそうですが。(笑


キートン森川さんご投稿写真

最近、友人夫婦と遊びに行く機会が増え、後部座席に座る嫁たちが「テレビが見づらい」と、とやかく言うので購入にいたりました。 取り付けをどうしようか?と考えていた時に、ゆい<☆さんのページを拝見して、後押しされた形で同じものを買ってしまいました。取り付けは、結構上手につけれたと思います。
キートン森川さんの取付写真はコチラからご覧いただけます。

1.アタッチメントの作成

まずはアタッチメント製作。T字型のステー(長さ180mm、厚み3mm)を本体付属の金具の形状にカットします。そしてT字の下側?も40mm長いので、これもカットします。(100円ショップの金物ノコギリでカット可能です)この時に、車本体と金具の取り付け位置の孔のマーキングをします。

2.アタッチメントを金具に固定

金具取り付け位置と車本体に取り付ける位置に5.5mmの孔をあけます。ボルトは5mmで統一しています。 金具側は六角ボルト5×10を3本。ナット+スプリングワッシャーで固定。
(真ん中の不細工な孔は見ないで下さい。いろいろ考えた結果、使用しないことに・・・)

3.必要なモノ

ルーフビームガーニッシュを取り外し、金具が入るだけの孔をカッターであけます。 作ったアタッチメントの固定位置に4.2mmの下孔をあけ、5mmのタップをたてます。 (切粉が飛び散るので、天井にごみ袋を養生テープで貼り付けました)

4.孔をあける!

金具取り付け位置にマーキングをして、孔をあけます。

5.本体の取り付け

アタッチメントを車本体に仮止めし、本体(位置合わせしながら)を押し付けながら付属ボルトで固定します。ヒンジ側にモニターの配線があるので、ヒンジ側にはボルトで固定せず、計3本で固定ました。 本体の固定が終われば、アタッチメント側のボルトを固定します。ボルトは孔付きボルト5*15を2本で、スプリングワッシャー+ワッシャーを使用しています。ちなみにがっちり固定されています。

6.配線の取り付け

次に配線の取り付け。 私は運転席側のBピラーを分解して、中に通しました。 分解方法は、割愛させて頂きます。

7.ルーフビームガーニッシュの取り付け

モニター配線を入れながら、ルーフビームガーニッシュを取り付け。ルーフビームガーニッシュの固定する真中の白色樹脂ピン位置は、アタッチメント固定ボルトがあるので、使用できません。その本体部分をニッパーでカットします。カットしてもルーフビームガーニッシュはがっちり固定されています。

8.完成!

後ろから見た写真です。 結構上手に取り付けられました。


ゆい<☆さんご投稿写真

フリップダウンの場合はルーフビームガーニッシュなどの加工が必要なので躊躇もありましたがいろんなところ弄ってると抵抗が薄れてきましたのでバッサリやりました。今度は10インチと大型になりましたので見やすさも向上しバックミラーの見難さも向上しました。
参考になればと作業内容をUPします(★´・д)(д・`★)ネー
ゆい<☆さんの取付写真はコチラからご覧いただけます。

1.取り付けステーの加工

D:5の第一列上のルーフビームガーニッシュを外すと左右のユーティリティフックを固定するボルトの中央くらいのところに6mmのボルト穴が開いてます。その両方からストレートのステーを中央に伸ばしました。真ん中のひし形のステーはフリップダウン付属のステーです。これを設置したストレートのステーに固定します。完璧なまでにガッチリつきました。天井の内張りはフリップダウンの大きさに合わせて穴あけをしてください。特に前後方はルーフビームガーニッシュの幅まで広げないようにしないと取り付けた後に穴が見えちゃいますd(^∇゚*)YO!

2.本体の取り付け

配線を天井内に通してから、本体を取り付けます。 σ(・ω・。)が買ったやつは付属のステーに4つのボルトで固定するだけなので簡単に取り付け終了です。 いい感じにできました。このあとはルーフビームガーニッシュの切断です。

3.ルーフビームガーニッシュの加工

いきなり切断後です。これは運転席側になります。リラックスイルミのアクリル棒は差し込んでるだけですのでするっと抜けちゃいますので注意してください。一番注意するのは最初からガッツり切断しないことですね。このフリップダウンは幅が26.9cmでしたが、最初はルーフビームガーニッシュの中央から左右13cmくらいで切 断しました。その後ちまちまと調整しましたがプラスチックなので多少大きめの方がいいと思います。

4.取り付け完了!

こんな感じで左右付きました。結構きれいに付きましたが、このフリップダウンは厚さが薄いのでルーフビームガーニッシュの切断した部分からリラックスイルミの灯が少し漏れてきます。フリップダウン本体の中に入り込むように作ったほうが良かったですが、後でパテなどで整形しようと思います。

5.最後に配線の取り方

配線は助手席Bピラーの中を通しましたので分解しました。ここはシートベルトのボルトを外して、二つのグリップを外せば簡単に開けられます。ちなみにこのフリップダウンはイルミも付いてましたが、まだ配線してません。切断などで隙間できないように慎重にしたこととステー作成に3回ほどやり直したことなどで時間がかかり完成まで4時間の弄りでした。
次回やったらたぶん2時間くらいでできると思いますd(^∇゚*)YO!
我ながら純正品のようにきれいに出来ました。
オメデト♪(*⌒ー⌒)o∠★:゜*ポン♪


素人店長の取付手順一覧に戻る